腹腔鏡手術で卵巣嚢腫を取って、退院から2週間後、病院に行ってきました。

「検査の結果良性だったので、今回はこれで終了になります」
との事でした。一安心。

腫瘍の種類は「皮様嚢腫」

卵子の元になる細胞が暴走して腫瘍化して、髪の毛や脂肪組織や骨や歯の成分などを作り出してしまうのだとか。
摘出した物を見た母が
「なんかもやもやもやっとしたもの」
と言っていたので、多分髪の毛の塊だったのかなーと勝手に思っています。人体って不思議~

↓↓↓↓↓↓↓
元々ポリープができやすくて生理の後も出血が続く事が1~2年に一度ぐらいある。
病院に行けばすぐにポリープは取って貰えるので、今回も「あーまたかーorz」という感じで病院に行った。


ポリープ切除後「卵巣が5センチに腫れてるのでMRI撮りましょう」
と言われる。


MRIの結果は恐らく良性。
でも、大きさに変化が無いので急ぎではないけれどいずれは手術と言われる。


待っててもしょうがないので手術の日を決める。


入院1日目。元気。
Dr「腹腔鏡は横に切るのが普通なんだけど、帝王切開の跡が縦だもんねぇ…
  バッテンにするのもアレだし、明日腹腔の先生と相談するね」

入院2日目。手術
寝て起きたら終了してた。
子宮筋腫も取ってもらえたと聞いてちょっと安心。
体に機械やら色々つけられててしんどい。体が動かない。寝返りできない。

入院3日目。
少しずつ体についた機械とか外してもらえる。腹けっこう痛い。でも気合入れて動く。

入院4日目
無理にでも歩くようにする。同室のおばちゃんが面白い人で非常に困る。笑い過ぎて腹痛い。

入院5日目
退院。荷物はさすがに持てない。